現代の防犯問題

現在の犯罪状況として、年々凶悪犯罪が増えているという現状があります。凶悪化している理由として挙げられているのは、日本社会での貧困層の拡大あるいは外国人が年々増えつつある中、外国人による犯罪は重大な犯罪が多いということが挙げられます。さらに、犯罪の多様化もあげられ、犯罪の種類も多岐にわたって起るようになってきました。

女性家庭においては、空き巣や強盗などの被害も増え、被害にあった家庭を見ると、もっと防犯体制をきちんとしておくがよかった、という声も多く聞かれてきます。一度空き巣の被害にあえば、財産は根こそぎ持っていかれ、うかつに犯人と出会うことで命の危機にもさらされます。最近の空き巣の傾向として、部屋を荒らさず犯行に及ぶことも多く、金品がなくなったことに気付き、あわてて警察に駆け込むといったこともよくあります。

こうした空き巣の被害は、金品の被害だけではなく、危害を加えられたり放火されるという危険性もあり、金品だけの被害としても警察への事情聴取などで、多くの時間を消費することにもなります。また、弱者を狙った犯罪も目立っており、女性や小さなお子さんあるいはお年寄りなど、自分より弱い相手をターゲットにし、犯行に及ぶことも少なくないのです。こうした犯罪の抑止力から、防犯対策として監視カメラの力は、これからますます強くなっていくと思われます。犯罪は、自己努力によって、未然に防げることを自覚しておくことが必要でしょう。